Inside Story

ファクトリーマネージャー 井上 明彦

驚異的なスピードで次々と、
いままでにはない物置をリリース。

マツモト物置を24ヶ月という非常に短い期間で開発・製造させて頂きました。本来であれば製品の立ち上げで24ヶ月から36ヶ月かかるスケジュールを松本専務のエンピツで書いたデザインと仕様書から製品化するまで驚異的なスピードで次々と「いままでにはない物置」10シリーズをリリースしていきました。

一般的に製品開発のスピードを上げると、どうしても当たり障りのない無難な製品になりがちですが、松本専務より「他にあるような物置なら造る価値がない。採算や生産効率よりもお客様が喜んでもらえる物置。今までにない、あたらしい物置を造る」と製品工場の責任者の私から言わせるとビックリするようなコンセプトを打ち出しました。

あくまで世間一般のメーカーの立場・考えではなく「お金を出して購入してくれるのはお客様」の考えで細部のデザイン・スペックまで強い想いがありました。

我々、製品工場の各担当者もその想いに答えられるように限界を作らずに常にあたらしいオドロキにチャレンジして参りました。

マツモト物置をご購入頂いたすべてのお客様、そしてこれからマツモト物置を選びご購入して頂けるお客様の期待に応える為に責任を持って良い製品を造り続けたいと思っております。

ファクトリーマネージャー 井上明彦

page-top