物置の歴史、それはフジ産業の歩み

高度経済成長を迎えた昭和40年頃、
日本で初めてのスチール製物置が誕生しました。

東京オリンピックが昭和39年に開かれ、新幹線や首都高速が出来たのをきっかけに高度経済成長を迎えた。昭和40年頃、薬局屋さんが栄養ドリンクを開発して売り出した。
栄養ドリンクは嵩張るからお店に在庫を置く場所が無いので、在庫を入れるものを作るという事でM紅の鉄鉱部へ依頼したが、M紅の鉄鉱部では作ることが出来ず、
最終的に目白製作所(東京都豊島区)が実際に作ることになった。

その時の図面を書いたのが設計部のワタナベ氏、現場責任者がイワタ氏、組立工事をナカヤマ氏、資材の買い付けをマツモトが行った。
当時の目白製作所はタイプライターデスクの製造が主力で、その次にイスのキャスターなどを製造していたが、O村製作所のY原社長に
「こんなもの(物置)を作ってみましたがどうですか、商品として売れますか?」と聞いたが、「こんなものは売れないよ」と言われたので、
初めはT製薬の依頼分以外は物置を作らなかった。

しばらくして、目白製作所の営業部にいたゴトウ氏がM越の園芸売場に園芸のスチール製の植木鉢台を納める担当をしていたので、
そのルートで物置の販売をお願いして、初めて小売店に物置が展示されて販売が開始された。
この時に目白製作所が製造した物置の名前が【セイリーハウス】という名称であり当社PB商品でこの【セイリーハウス】の名前を継承している。

しかし、当時は手塚治虫のマンガの世界と同じで、当時の日本で物置と言えば、大工さんが作る木造の物置が主流であり、
スチール製の物置なんて誰も想像しておらず、全く売れなかった。
その後、池袋にT武デパートがオープンして、T武の部長が「売れるかどうかわからないけど、50棟ばかり作って販売してみよう」
と話が決まり、展示して販売を始めたところ、ものすごい勢いで売れた。とにかく売れた。
それがスチール製物置の始まりだった。

当時の日本経済の発展と共に、一時は100社くらいあったメーカーだが、だんだん淘汰されていき今では10社くらいになってしまった。
昭和44年に淀川製鋼所が目白製作所に来て物置を大阪に持ち帰り、昭和45年に開発したのがヨド物置となる。
そして、当時タオル掛けと水切りを製造していた田窪工業所が物置を開発して作ったのがTYストックハウスである。タクボ物置の誕生である。

昭和49年頃からM下が物置を販売していたが、その物置を作っていたのが当時、M下の下請けだった稲葉製作所である。
それが時代の流れで稲場製作所がM下の下請けを終了し、その時のノウハウと抜群の開発力で稲葉製作所はイナバ物置を誕生させた。昭和50年の事である。

それ以降は二重構造の物置やガレージ、最近ではバイクガレージなども開発され、また、防災倉庫や防災物置などでもスチール製物置は貢献している。

最後のメーカーと言われているイナバ物置が誕生したのが昭和50年、フジ産業の設立年も昭和50年。
物置の需要期は過ぎたかもしれないが、やり方次第ではまだまだ面白い商品だ。

代表取締役社長 松本勝巳

おかげさまで創業40周年を迎えました

おかげさまで、創業41周年を迎えました

フジ産業株式会社は、昭和50年5月に創業し、
平成27年で41周年になりました。

昭和30年から今日に至るまでのカタログ

フジ産業株式会社は、昭和50年5月2日に創業。創業当初から年中無休の体制で国内物置メーカーの総代理店として商品の供給、
それに関わる配送・組立工事を行ってきました。当社社長の松本勝巳は、日本で初めての物置である目白製作所の「セイリーハウス」に携わっており、
当社のPB物置には、物置の原点である「セイリーハウス」の名前を使用してきました。近年「セイリーハウス」をはじめとするセイリーシリーズの
商品化を本格的にスタートさせ、さらにゴミ収集庫(SBA)・収納保管庫(HOA)の「セイリーボックス」を海外で生産スタートし、
自社ブランドの販売強化につとめてきました。

現在では、埼玉県新座市に所在する事業本部を中心に、関東・上信越・東海・東北の計14事業所で運営しております。当社の強みは年中無休の体制で、
自社社員による販売・配送・組立工事・アフターフォローまでの責任施工を一貫して行うことです。平成27年5月をもって41周年の節目を迎え、
物置に対する熱意と当社の特長を最大限に活かすために「マツモト物置」をあたらしい自社ブランドとして商品化し、お客様によりご満足のいただける
商品をご提供できるよう社員一同頑張ってまいります。

Mマツモト物置

page-top